シールエクステとは?メリット・デメリットを押さえて理想の髪型に!

ウィッグ

毎日のセルフでのヘアアレンジや、ウィッグを使うことよりももっと手軽に理想的な髪型に仕上がるシールエクステ。

エクステにはさまざまなバリエーションが展開されている中、その種類でもシールエクステは、幅広い年代の女性が愛用・注目しているので、どんなメリット・デメリットがあるのかとても興味を惹かれませんか?

女性の気になる髪・頭皮のトラブルをカバーしつつ、魅力的で理想のヘアスタイルに仕上がるシールエクステについて、今回は意外に知られていなかったメリットとデメリットをわかりやすく解説♪

これからシールエクステと使おうと予定・計画を立てている女性や、他のエクステとの違いが気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

【シールエクステとは】他のエクステとの違いをチェックしてみよう!

新生活のスタートに合わせて、新鮮なヘアスタイルにイメチェンしたい、揺らぎやすい季節の髪質・頭皮環境が気になる女性にも、手軽に活用できるシールエクステ。

エクステにはそもそも、シール以外にも超音波や編み込みなどのバリエーションが展開されているのですが、これらにはどんな違いがあるのかも気になるところですよね。

シールエクステと他のエクステの種類との違いについて、シールエクステの特徴に合わせて、費用や使用感、仕上がりなどのイメージの違いを参考にしてみましょう。

【違いその1】仕上がりイメージについて

シールエクステと超音波、編み込みエクステには、そもそもの形状や付け方にも違いがあるので、仕上がりにも差が出てくることがあるんです。

シールエクステは、編み込みエクステのように髪に編み込む必要がなく、髪と頭皮のスキマに密着・貼り付けて髪型を整えていくエクステとなっているため、編み込みによる髪の凹凸が目立たず、ナチュラルで馴染みやすいメリットがあります。

また超音波エクステの場合は、エクステを付けるための超音波の専用マシンを施すため、費用もそれなりに高額で、完成までにも長い時間がかかると言われています。

さらにシールエクステは、編み込みエクステによる髪の凹凸の目立ち、超音波エクステによる人工的な仕上がりになる心配が少ないので、初心者の女性にも選ばれやすい種類となっていますよ。

【違いその2】費用について

エクステは種類にかかわらず高額なイメージがあるのですが、シールエクステは編み込み・超音波エクステよりもリーズナブルな価格で理想のヘアスタイルに仕上げることができます。

シールエクステの一般的な費用の相場は、

  • 1本当たり400円程度
  • 20本で8,000円程度

となり、超音波エクステの1束500円~700円前後、編み込みエクステの50本8,000円~15,000円の相場に比べてもとても安く、お財布にやさしいヘアアレンジが実現します。

またシールエクステは、編み込みや超音波のエクステよりも費用がリーズナブルなのに、付け方がシンプルな分、時短で好みの髪型に仕上がる強みもあるんですよ。

【違いその3】完了までの時間について

エクステを付けられるヘアサロンは、どんな女性にとってもリラックスでき、美意識が刺激されるようなスポットでもありますよね。

ですがあまりにもエクステ完了までの時間が長いと、うまく仕上がるのかと逆にストレス・不安を感じてしまうことも多いはず。

シールエクステは、髪と頭皮をつなぎ、ピッタリとフィットできる粘着性のあるシールを使って取り付けていくため、50本の量でもわずか30分~1時間以内で完了することが可能になっています。

逆に超音波エクステは80本の取り付けで2時間もの時間がかかり、取り外しの際には倍の時間がかかると言われています。

編み込みエクステの場合は、髪と髪を結んでつなぎとめるような付け方となっているため、こちらも完了までには50本で1時間半もの時間が目安。

シールエクステは、できるだけ早く理想の髪型に仕上げたい女性や、忙しくてエクステを付ける時間を短縮したい人にもオススメの種類となっていますよ。

【シールエクステのメリット】他にはない魅力ポイントを押さえておこう!

エクステはシール・超音波・編み込みにかかわらず、理想的な髪型に仕上げてくれるメリットが共通していますが、費用や仕上がりなどの細かな部分にはいくつもの違いがあるとわかりましたね。

では、シールエクステならではのメリットにはどんな魅力があるのでしょうか?

シールエクステに大満足・納得することができるよう、シールエクステならではのメリットをまとめてチェックしてみましょう。

【メリット1】フラットでナチュラルな仕上がりに

シールエクステがたくさんの女性、ときには男性にも選ばれることが多い理由は、仕上がりがフラットでナチュラル、どんな髪質にも馴染みやすいメリットがあるからなんです。

シールエクステは、ヘアアイロンを当ててシート状になったシールを溶かしながら髪に付けていくため、付けるというよりも馴染ませる手法がフラットな髪型に仕上げてくれます。

編み込みエクステなどは、スタイリングの際にブラシや手が引っかかってダメージを与えてしまったり、髪をかき分けるなどのちょっとした動作でも凹凸が目立ってエクステだとバレてしまうリスクが・・・

その点シールエクステは、髪と頭皮に一体化するように馴染む特徴があるので、ヘアセッティングや風などで揺らいだ際にも、エクステとはバレにくい安心感がありますよ。

【メリット2】シールエクステはヘアサロン・セルフの両方が選べる

エクステというと、専門店・ヘアサロンでしか付けられないイメージがありますが、シールエクステの場合は美容院・セルフの両方を選べる手軽さも魅力!

超音波や編み込みタイプのエクステは、優れた技術・知識を持った美容師さんにお任せすることが一般的ですが、シールエクステは専門店やネットでの購入が可能で、自分でも手軽に付けることができます。

美容室に通う時間の確保が難しい女性でも、シールエクステには初心者にもカンタンにできる使用方法が事細かに掲載されていますので、お家時間を有効活用したセルフでのシールエクステも注目されていますよ。

【メリット3】外れにくく丈夫なシールエクステがリリースされている

のちほどにも詳しくお伝えするのですが、シールエクステはその特性上、熱や紫外線ダメージ、手肌による摩擦に弱く、超音波や編み込みのエクステよりも持ちが悪いというデメリットがあるんです。

ですが、シールエクステのウィークポイントを改善した、外れにくく丈夫なシールエクステが多くのヘアサロン・専門店で導入されるようになり、今ではデメリットを解決できるシールエクステが手軽に購入できるようになっています。

【メリット4】シールエクステは前髪にも馴染みやすい

豊かでつややかな美髪が憧れの大人気タレント、重盛さと美さんも、シールエクステを長く愛用し、ブログなどでも嬉しい体験談を報告しています。

シールエクステが豪華有名人にまで絶賛されているのは、編み込み・超音波エクステでは実現できなかった、前髪のイメチェン・ヘアセットに活用できるため!

前髪の部分は特に、紫外線ダメージや毎回のヘアスタイリングで手肌による摩擦・刺激を受けやすいパーツでもあるので、抜け毛や薄毛、生え方がまだらになってしまうことも多いですよね。

シールエクステは、そんな気になる前髪にもフラットに馴染み、好みの量に調整したり前髪を横分けにして薄毛・抜け毛をカバーするなどの活用方法も備わっているんですよ。

【シールエクステのデメリット2選】注意点を理解して理想の髪型を目指そう!

シールエクステに興味を惹かれるすべての女性に、メリットが圧倒的多数のこのエクステですが、知っておきたいデメリットもあるんです。

シールエクステのデメリットをここからじっくりとチェックして、自分自身の髪質や目的、頭皮に合っているかどうかの見極めてをはじめてみましょう。

【デメリット1】強度が弱めである

超音波や編み込みのエクステに比べると、シールエクステは粘性のある液体で髪の量を増やし、長さを整える方法となっているため、熱や紫外線ダメージによってシールの接着力が弱くなることもあります。

シールエクステは、毎日のヘアスタイリングに欠かせないアイロンやドライヤーの使用によって接着力が弱まり、根元部分から取れやすくなって、髪型に違和感・毎日のヘアセットに手間がかかることもめずらしくはありません。

【デメリット2】シャンプー選びが難しく感じることも

シールエクステは、普段使うシャンプーにも気を配っておく必要があり、オイル成分が多くブレンドされているシャンプーや、ボタニカル素材配合の商品などで劣化が進みやすくなると言われています。

オイル成分やボタニカル素材を使ったシャンプーは、一般的なシャンプーよりも髪・頭皮にやさしい処方で、抜け毛・薄毛予防に役立つと言われている種類。

そのため、シールエクステの持ちを選ぶか、頭皮・髪の状態を優先して安心のシャンプーを選ぶべきなのか、その判断が難しく感じる女性も少なくはないようです。

【シールエクステのお手入れ方法】正しいホームケアを習慣付けよう!

シールエクステの強度がそこまで強くないと心配になっても、実は正しいホームケアを習慣付けておくと、シールエクステの気になるデメリットを予防・解消することができるんです。

ここでは、シールエクステのシャンプー・トリートメント・ブローの正しい方法をまとめてみました。

シールエクステのお手入れ方法 やり方とポイント
シールエクステ×シャンプー編
  • シャンプー前に軽くエクステをとかす
  • シールエクステの斜め上からぬるま湯をかける
  • たっぷりの泡を立て、シャンプー泡で包み込み、手肌が触れないように洗う
  • すすぎ残しはダメージのもととなるので、1分以上の時間をかけて丁寧に洗い流す
シールエクステ×トリートメント編
  • シールエクステの量に合わせて100円玉~500円玉くらいのトリートメントを手に取る
  • シールエクステの流れに合わせ、シール部分を避けてトリートメントをやさしく馴染ませる
  • 1分程度の時間を置き、2分以上の時間をかけて丁寧に洗い流す
シールエクステ×ブロー編
  • シールエクステをタオルで挟み込み、軽くプッシュしながら余分な水気をふき取る
  • ドライヤーを15cm程度離して、トップから毛先に向けてまんべんなく温風を当てる
  • ジェルやミルクなどのアウトバストリートメントをシール部分を避けて塗布し、温風と冷風を交互に当てて完了

~おわりに~

シールエクステにデメリットはあるものの、編み込み・超音波タイプのエクステとは違った強みがあり、ウィークポイントを解決できる対処法もたくさん展開されているんですね。

女性の見た目の印象を左右する髪型を、毎日理想的に仕上げて笑顔で過ごすことができるよう、手軽でお手入れもラクなシールエクステをぜひ活用してみてくださいませ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧