医療用ウィッグの購入|補助金や助成金はある?気になる疑問を解説します

アピアランスケア, ウィッグ

「医療用ウィッグは医療費控除の対象にはならないけれど、補助金や助成金はどうなんだろう?」

今医療用ウィッグを使っている人はもちろん、これから医療用ウィッグを購入しようと検討している女性は、このような素朴なギモンを抱くことが多いのではないでしょうか?

医療用ウィッグは、女性特有の疾患や薬の副作用などが原因の抜け毛や薄毛をカバーする目的があり、病気を治すものではないため、医療費控除の対象外となっているんです。

では、医療用ウィッグの購入の際、医療費控除の対象にはならなくても、補助金や助成金を受けることは可能なのでしょうか?

こちらのコラムでは、医療用ウィッグの購入時にかかる金額面と気持ちの負担をできるだけ少なくするため、補助金や助成金があるのかどうかについてのお役立ち情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

医療用ウィッグの助成金・補助金とはそもそも?

医療用ウィッグの医療費控除をはじめ、補助金や助成金の具体的なシステム・内容を把握している人はまだまだ少ないのではないでしょうか?

結論からお伝えしますと、医療用ウィッグは医療費控除の対象にはならないものの、補助金・助成金が受けられる自治体が展開されているため、おおよその目安を持っていた医療用ウィッグの料金が、補助金や助成金によってリーズナブルになることもあるんです。

では、医療用ウィッグの補助金・助成金とはいったいどのようなことをいうのでしょうか?

医療用ウィッグ購入の負担が軽減できる、補助金と助成金についてお伝えしましょう。

医療用ウィッグの助成金とは購入者の負担を軽減するコストのこと

医療用ウィッグには、女性特有の疾患における抜け毛や薄毛などのトラブルを改善する役割はないものの、女性のコンプレックスを豊かに、ナチュラルにカバーできる役割・メリットが大きな強みとなっているんです。

このような医療用ウィッグの特性・利便性に着目している団体や自治体はとても多く存在していて、医療用ウィッグの購入は、女性の精神的な部分のケアの一環としての購入費用のサポート・助成金の取り組みが活性化しはじめています。

医療用ウィッグの助成金は、今までであれば治療にかかるコストの準備・支払いで手一杯に感じていた女性でも、医療用ウィッグを助成金・補助金の制度を利用することで購入のハードルを低くできるメリットがあります。

医療用ウィッグ購入時の補助金・助成金にはこのようなケースも

医療用ウィッグがその価値や魅力、女性のメンタル面のケアやアピアランスケアのひとつとしても注目されはじめている今、医療用ウィッグの購入時の補助金・助成金をスタートしている自治体は全国各地に広がりつつあります。

医療用ウィッグの購入時に便利・安心・手軽な補助金・助成金には、たとえば東京都の港区にて「がんの治療にともなうアピアランスケアの助成金を開始します」という記載がホームページ上にUPされているほど。

医療用ウィッグのこのような制度は、コストの面での負担を感じていた女性でも、手軽に医療用ウィッグを購入することができ、不安や悩み、髪と頭皮のトラブルをカバーしながら、日々の治療にも専念できる大きな強みがあります。

医療用ウィッグの補助金・助成金を受けるためには?

女性にとっての医療用ウィッグは、治療に専念しながらも、女性らしさ・清潔感、さまざまなヘアスタイルを楽しむ気持ちをキープできる、なくてはならないアイテムですよね。

そんな強みのある医療用ウィッグですので、購入時に補助金・助成金を受けるためには、ハードルの高さや複雑な手続きが必要なのではないかと、さらに不安・ギモンを抱いてしまってはいませんか?

医療用ウィッグの補助金・助成金の制度を利用するための条件や主な手続きには細かな部分があるものの、これからお伝えする情報をしっかりと把握しておけば、心配なハプニングなくスムーズに助成金・補助金を受けることができるんです。

さっそく、医療用ウィッグ購入時の補助金・助成金を受けるための手順・条件を参考にしてみましょう。

医療用ウィッグの補助金・助成金を受けるための【主な条件】

医療用ウィッグ購入時に、安心で便利の補助金・助成金を受けるためには、次のような条件をクリアしているかどうかを確認しておくようにしましょう。

  • 抗がん剤による治療を現在受けている
  • 過去に抗がん剤による治療を受けたことがある
  • 助成金制度を展開している都道府県地区町村に現在在住していること
  • 抗がん剤治療による抜け毛や薄毛などの副作用がある
  • 抗がん剤治療の副作用によって社会参加に支障があり、ウィッグを必要としている

医療用ウィッグの補助金・助成金の制度を受けるためには、他の助成金を受けていないことや納税している金額によって内容が変わってくることもありますので、この条件は早めに把握しておいてくださいね。

医療用ウィッグの補助金・助成金を申請する方法とは?

医療用ウィッグの購入時に、補助金や助成金の申請をする際には、都道府県別に展開されている自治体によって、申請の方法が変わってくることもあるんです。

そのため、在住している地域の自治体のホームページを参考にすることがファーストステップ。

医療用ウィッグの購入時の補助金・助成金の申請には、主に3つの方法が一般的となっていますので、ここでは気になる内容を参考にしておきましょう。

1.医療用ウィッグの「助成金交付申請書」を用意する
  • 医療用ウィッグの助成金の申請をするための専門の用紙
  • 在住地域の「医療用ウィッグ 助成金」のキーワードで検索をすると情報が確認できる
  • PDFデータなどでのダウンロードも可能で、スマホなどにも記録しておくと便利
2.抗がん剤治療を受けている、または受けていたことを証明する書類を用意しておく
  • 診療の明細書やお薬手帳、診断書、治療方針計画書など公的なもの
  • 治療にかかわりのある書類を一式用意、保管しておくとよい
  • 3.医療用ウィッグ購入時の明細書や、注文時のデータ用紙
  • 医療用ウィッグを購入したと証明できる用紙のこと
  • 医療用ウィッグの購入日から、補助金や助成金を受けられる期間が限定されていることもあるため、早めの確認が必要
  • 医療用ウィッグの購入から補助金、助成金を受けられる期間は、自治体のホームページで確認できる

医療用ウィッグの購入時には、必要なものが3点となっているため、購入後に助成金・補助金の申請を検討した段階で、早めの準備を進めておくことがオススメです。

医療用ウィッグにかかわるアイテムには補助金・助成金はあるの?

医療用ウィッグの購入の際には、保管の袋やポーチ、ケアアイテムやネットなど、かかわりのあるアイテムを一緒に購入することも少なくないですよね。

そのため、このようなアイテムの購入時にも、補助金・助成金を受けることができるのかどうか、とても興味を惹かれませんか?

医療用ウィッグにかかわるアイテムの補助金・助成金については、「頭皮と髪の保護を目的とした医療用ウィッグネット(または頭皮保護用ネット)」の購入の場合に限り、申請を受けられる自治体が展開されています。

医療用ウィッグと同じように、ウィッグネット(頭皮保護用ネット)にも、頭皮と髪を外的な刺激・治療や薬の服用による副作用から守ってくれる目的があるので、自治体の中には補助金・助成金申請の対象になるという見方が一般的になっています。

医療用ウィッグやかかわりのあるアイテムの補助金・助成金の申請は、一度限りとされている自治体も少なくはないため、まずはホームページでの確認・問い合わせなどをしてみるようにしましょう。

~おわりに~

医療費控除の対象外となる医療用ウィッグでも、補助金・助成金の制度を活用すれば、もっと気楽に楽しみながらのウィッグライフがスタートしそうですね。

各地域の団体によって補助金・助成金の制度が変わってくることもありますので、お住いの地域の自治体ホームページを参考にしながら、あなたにベストな医療用ウィッグでより明るい毎日をお過ごしくださいませ♪

スポンサーリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧