【女性用ウィッグの選び方】華やかなヘアアレンジを楽しむための秘訣とは?

ウィッグ

ものの数分で手軽に理想的なヘアスタイルが楽しめるウィッグは、種類も目的も価格もバリエーションの幅が広いため、上手に選ぶコツを押さえておきたいものですよね。

女性用ウィッグの特徴や種類、選び方を理解しておくと、女性用ウィッグを安心・大満足に活用でき、いつも仕上がりのキレイなヘアスタイルに整うので、頭皮や髪のエイジングサインやトラブルによる不安・コンプレックスも自然に解消できるようになるはず。

こちらのコラムではさっそく、女性用ウィッグの正しい選び方と、意外に見落としてしまいやすい注意点を合わせてご紹介していきたいと思います。

女性用ウィッグの選び方【7つのポイント・注意点】をチェックしてみよう

女性用ウィッグを時間をかけずに賢く選ぶためには、次のような7つのポイント・注意点を理解しながら、今の髪質・頭皮環境を見つめなおす必要がキホンのステップとなります。

ウィッグはどれもそれなりに高額ですので、失敗せずに納得できる商品を選ぶために、7つのポイントと注意点を合わせて参考にしてみましょう。

【選び方1】市販または通販商品で選ぶ

女性用のウィッグは、ウィッグ専門店や美容院、バラエティショップなどで手軽に購入できる市販品と、インターネットの通販サイトで買える限定の商品のふたつの販売展開があります。

まず、身近な実店舗にて購入できるウィッグは、

  • 直接目で見て手で触れて、試着ができる
  • ウィッグの購入がはじめての女性でもスタッフによるアドバイスがもらえる
  • インターネットの通販サイトに比べると、リーズナブルな価格帯の商品が多数である

というメリットがあり、直接気になるウィッグを選んで素材や質感を確認できるため、安心して買えるところが大きなポイントとなっています。

代わってインターネットの通販限定商品となるウィッグは、

  • 実店舗の商品よりもバリエーションが充実している
  • 忙しい女性でも好きな時間に気楽にチェックできる
  • チャットやオンラインシステム、サービスなどによってスタッフからのアドバイスが受けられる

などのメリットがあり、ネット通販を使い慣れている女性や、今までにもウィッグを利用した経験のある女性にとっても手軽な購入方法となっています。

【選び方2】女性用ウィッグの用途や目的で選ぶ

女性用ウィッグには、ファッション感覚で使用できるファッション用ウィッグと、頭皮や髪のトラブル、エイジングサインやなんらかの疾患がある際にも安心・安全に使える医療用ウィッグのふたつが展開されています。

まずファッションウィッグの場合は、

  • 医療用ウィッグに比べてカラーやデザインのバリエーションが豊富である
  • 数千円程度で購入できるリーズナブルな商品が多数展開されている
  • お手入れや保管方法がカンタンで使いやすい

などのメリットがあり、とくに頭皮や髪のトラブル、エイジングサインがない女性に推奨されているウィッグの種類となっています。

代わって医療用ウィッグは、

  • ファッションウィッグには見られないような上質な素材、人毛や人工毛を使っている
  • デリケートで揺らぎやすい頭皮、髪質にも安心、安全に使える
  • ナチュラルな仕上がりでつむじやトップなどがキレイに決まり、ウィッグだとまわりにバレにくい

などのメリットがあり、安定したウィッグライフを楽しみ、継続していきたいと願う女性にもオススメのタイプになります。

【選び方3】フルウィッグまたは部分ウィッグで選ぶ

ファッション専用ウィッグ、医療用ウィッグともに展開されているフルウィッグと部分ウィッグ。

女性用ウィッグを上手に選ぶためには、フルウィッグと部分用ウィッグそれぞれの特徴や違い、メリットなどを把握しておくことも大きなポイントになります。

フルウィッグとはこのネーミングからもイメージできるように、髪全体を覆い、ヘアスタイリングをまるごとイメージチェンジできるタイプのこと。

フルウィッグには、ショートからミディアム、ボブからセミロング、ロングまでのバリエーションがラインナップされていて、自身でヘアアレンジをする必要がなく、髪型全体をフルウィッグでトータルにアレンジできます。

代わって部分用ウィッグとは、前髪やつむじ、トップやお団子、1パーツのみストレートやカールヘアにアレンジできる、自身の髪と馴染みやすいウィッグのことを言います。

部分用ウィッグは、フルウィッグに比べると装着がクリップやピンになっていて使用方法もカンタンなので、ウイッグのヘアアレンジを時短で済ませたい女性にもオススメの種類となっていますよ。

【選び方4】女性用ウィッグの素材で選ぶ

女性用ウィッグは、ファッション用・医療用にかかわらず、

  1. 人毛
  2. 人工毛
  3. 人毛と人工毛がミックスされた素材

の3つのパターンが展開されています。

それぞれの質感や特徴をまとめてみましたので、今の頭皮状態・髪質を見直しながら、ベストなウィッグを選ぶ参考に役立ててくださいね。

女性用ウィッグの素材【3選】 特徴とメリット&デメリット、オススメのタイプ
1人毛のウィッグ
  • 人の髪の毛を使用しているため、女性の頭皮や髪に馴染みやすく、ナチュラルな仕上がりに
  • カラーリングやセルフでのヘアアレンジ、パーマをかけることが可能
  • カラーをすると退色しやすく、人の髪と同じような丁寧なヘアケアが必要になる
2人工毛のウィッグ
  • 化学繊維を使って作られ、理想のヘアスタイルが形状記憶のようにキープできる
  • 耐熱性商品のラインナップが多数で、ドライヤーやヘアアイロンの熱に強く傷みにくい
  • シャンプーやトリートメント後のお手入れが自然乾燥でOK
  • パーマやヘアカラーができず、ヘアアレンジの幅が限られている
3人毛と人工毛がミックスされたウィッグ
  • 人毛と人工毛それぞれのメリットを兼ね備えている
  • ナチュラルかつ華やかで上質な髪型に仕上がる
  • 人毛の使用量が多い場合はスタイリングの維持が難しい
  • 人工毛の使用量が多い場合はナチュラルな仕上がりに見えないこともある

【選び方5】購入しやすいウィッグの価格を押さえておく

ファッション用・医療用にかかわらず、ウィッグはそれなりに高額なお買い物になるため、自身で負担を感じず、お財布にやさしいと思うウィッグを賢く選ぶことも、日々のヘアスタイリングを気楽に楽しむ秘訣になります。

ウィッグはファッション用、医療用それぞれが、販売ブランドやメーカー、使っている素材などのコンセプトによって、価格に大きな差があると言われています。

ウィッグの一般的な相場は、

  • 人工毛を使ったウィッグよりも人毛がやや高額になる
  • オーダーメイドのウィッグは既製品よりもやや高額になる
  • 手植え、機械植えのウィッグの場合は同じくらいの値段が一般的

となっているため、ウィッグの購入がはじめての女性の場合は、スタッフからアドバイスがもらえる店舗購入か、チャット&オンラインシステムなどで相談ができる通販サイトを選んで購入することがオススメです◎

【選び方6】つむじの部分をチェックしてみる

よりナチュラルで華やかなイメージの髪型に仕上げるためには、ウィッグのつむじ部分に注目することも大切なポイントになります。

ウィッグは医療用、ファッション用ともに、つむじの部分が不自然に盛り上がったり、頭に馴染まないなどのウィークポイント・デメリットがあると言われていますが、この部分をしっかりと確認しておくことで、この弱点をカバーできるようになります。

ウィッグのつむじをチェックする際のポイントは、

  • 人工皮膚が使用されているウィッグを選ぶとつむじ部分が自然に見える
  • 人工毛、人毛の不自然な盛り上がりがなく、髪と頭皮に馴染みやすいウィッグを選ぶ
  • O型、バナナ型、I型など、つむじが自然に見える「型」を採用した商品を選ぶ

ようにすることも、頭皮と頭にフィットするウィッグを見つけられるポイントになりますよ。

【選び方7】サイズ調整ができるウィッグを選ぶ

女性用ウィッグには、サイズ調整ができるタイプと、調整ができないタイプの商品が展開されています。

頭のカタチが変わることはないものの、女性はちょっとしたきっかけでも抜け毛からの薄毛、体調やホルモンバランスによって、日々髪のボリュームが安定しないこともままあります。

そんなトラブルにでも、アジャスター付きでサイズ調整が可能なウィッグを選んでおくと、女性の日々揺らぎやすい髪質・頭皮環境にマッチしたウィッグを、サイズ変更しながら実用的に活用できます。

また、サイズ調整のウィッグを選ぶ際には、1~5・1~10といった細かな調整設定が可能なウィッグにすると、長期間買い替えることなく長く使えるメリットがありますよ。

【女性用ウィッグ】オススメの活用シーン・シチュエーション【3選】

女性用ウィッグは、単純に多彩なバリエーションのヘアアレンジを楽しむだけではなく、頭皮や髪のエイジングサイン、トラブル時などにも活用が可能になっています。

ここでは、女性用ウィッグの選び方と同じように気になるポイント、オススメの活用シーン・シチュエーションについて参考にしながら、ウィッグ使用の幅をどんどん広げていきましょう!

【オススメ活用シーン1】ヘアスタイルがなかなか決まらない忙しい時に

時間に追われながらも、理想の髪型に仕上げるハードルの高さ、焦りは、女性であれば誰もが経験するものですよね。

忙しい時に限って髪型が思うように決まらない、女性用ウィッグは、そんな焦りの多いシチュエーションでも、部分ウィッグ・フルウィッグを常備・使い分けをしておくと、ストレスや不安を感じずにスタイリングをまとめ上げ、いつもとは違ったイメージに変化させてくれます。

【オススメ活用シーン2】同じような髪型にマンネリを感じた時

いろいろな髪型を楽しみたいと思っていても、ヘアアレンジはそれなりのノウハウ、細かな作業や時間確保が必要になるものですよね。

いつも同じような髪型で、マンネリした気分になってしまったときも、華やかでちょっとの工夫をプラスするだけのウィッグは、新鮮・刺激的な気分で着用でき、女性のイメージチェンジやギャップ、隠れた魅力を引き出してくれるメリットがあります。

【オススメ活用シーン3】ヘアカラーやパーマによるダメージが気になる時

髪をふんわりと、ナチュラルにボリュームアップさせたいと思っていても、カラーリングやパーマによる髪のダメージが気になってしまいませんか?

そんなシチュエーションにもオススメのウィッグは、髪・頭皮に一切の負担をかけることなく、セルフでは難しいアレンジも着用するだけでふんわりナチュラル、ボリュームのある髪型に仕上がるので、頭皮と髪をいたわることができます。

~おわりに~

女性用ウィッグの選び方と、購入後の活用シーンについてご紹介しました。ウィッグの新たな特徴・活用方法を知った今は、気分も明るく変わってくるのではないでしょうか。

女性の見た目や内面へのイメージ、清潔感の有無を左右する髪型・頭皮環境ですので、ぜひこの機会にそれぞれに合ったウィッグを活用して、隠れた魅力が引き出される変化を期待してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧