美容師も同じ、将棋の羽生善治九段の名言!超一流の考え方

山本公生ブログ, 社員教育について

今日は僕が大好きな言葉と言うか、考え方と言うか、もっとも共感している事について

将棋の羽生善治九段の名言!

  

『誰でも最初は真似から始める。しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人がその航路たどったのか、
どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切。』

美容の技術も同じです、見よう見まねで形を作ることも大切ですが、もっと大切なのはその原理にたどり着く事。

なぜそうなるのか?常にその『なぜ?』を追求する事!どうしてかというと…

原理が分かってなければ、工夫ができないから!

僕のもっとも好きな羽生善治九段の名言で、三流から超一流との違いの考え方があります。

「三流とは、 人の話を聞かない!」

「二流とは、人の話を聞く!」



「一流とは、人の話を聞いて実行する!」



「超一流とは、 人の話を聞いて実行して工夫する!」

僕は人生とは自分というオリジナル作りだと思っています。

ただオリジナルにもいろいろありますよね、何の学びもなく自分を貫くのは『自己流』

自己流とオリジナルは違うと思っています、全ては先人がいて、時代や環境によって工夫を繰り返し進化していく。

守破離(しゅはり)の考え方ですね。

またこんな言葉もあります。

『賢者は歴史から学ぶ、愚者は経験から学ぶ!』

先人の話をちゃんと聞き、理解し、工夫を繰り返す。

そして原理に基づき、ズレる事なく、自分にあった、自分にしか出来ないやり方を工夫していく

難しい事ですけどね、ほとんどの人が自己流になっていく、でも難しいからこそ超一流の考え方なんだと思います。

勘違いする事なく、先人から多くを学び、原理を理解し超一流を目指して日々精進していきたいですね。


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧